Archive for the ‘News’ Category

【速報中】熊本で13人が行方不明 2人が心肺停止状態

sabato, Luglio 4th, 2020

 気象庁が4日、熊本県鹿児島県に大雨特別警報を発表しました。数十年に一度の大雨で、既に災害が発生している可能性がきわめて高いとして、命を守るための行動を呼びかけています。被害の状況などをタイムラインでお伝えします。

13:00

上空のヘリから見た熊本

 4日午前11時10分ごろ、取材にあたった上空のヘリからは、熊本県芦北町の田川地区で、土砂に押し流されたとみられる複数の住宅が確認できた。消防団とみられる人が重機などを使って救助活動にあたる様子や、心配そうに見守る人たちの姿がみられた。

 球磨川が氾濫(はんらん)したとみられる熊本県人吉市では11時25分ごろ、住宅の1階部分がほとんど水につかり、屋根がかろうじて見えていた。屋根の上では4人が犬と共に救助を待ち、ボートで救助活動にあたる消防職員が近くの住宅の屋根に上がっていた。

写真・図版

拡大する大雨で家が水につかり屋根で救助を待つ人=2020年7月4日午前11時21分、朝日新聞社ヘリから、熊本県人吉市、吉本美奈子撮影

12:30

行方不明13人、心肺停止状態2人に

 熊本県は4日、同県津奈木町で起きた土砂崩れで住宅が流され親子3人が行方不明となり、このうち2人が心肺停止状態で見つかったと発表した。3人は夫(85)、妻(83)と息子(58)。関係者によると、心肺停止状態の1人は息子とみられるという。

 また県は、この親子のほか、芦北町での行方不明者が12人にのぼることも明らかにした。

12:15

工場から炎、放水で爆発の可能性も

Rating 3.00 out of 5

手元くっきり、段ボールの仕切り完成 学校用コロナ対策

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

段ボールパーティションが設置された教室=草加小

 段ボールメーカー「八木段ボール」(埼玉県八潮市)が新型コロナウイルス対策に学校用オリジナルの段ボールパーティションを作った。草加市八潮市の2小学校に協力を依頼し、何度も改良を重ねて完成。両校にお礼として寄贈した。

 草加市住吉1丁目の草加小学校(中村俊臣校長)には19日、同社の八木敏也専務らが全児童712人分のパーティションを持参し、設置した。

Rating 3.00 out of 5

疑惑の案里氏から届いたメール 記者は1人で追いかけた

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

参院選での当選を決め、花束を受け取る河井案里氏=2019年7月22日、広島市中区、上田幸一撮影

 買収容疑で18日に逮捕された河井案里参院議員から昨年7月16日、メールで近況を尋ねると、携帯電話にこんな返信が届いた。

「もう、死にそうだよ!」

 参院選の投開票は同月21日。当時、東京で外務省取材を担当していた私は、「さぞ疲れているんだろう」くらいにしか思わなかった。

Rating 3.00 out of 5

登山道脇の「つちのこ」は違法 環境省が石文字を解体

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

Google Earth Proで表示した「つちのこ」の文字の空撮 (C)Google

北海道の大雪山国立公園にある十勝岳(2077メートル)の登山道脇に、石を並べて「つちのこ」と書いた文字があることが分かり、環境省が今月中旬、文字を解体した。

 同省東川管理官事務所によると、今年3月ごろ、航空写真に「つちのこ」と読める石文字があると、インターネット上で話題になった。同事務所が今月、現地を調査したところ、山頂に向かう登山道から約2メートル離れた場所に石文字を確認した。文字一つの大きさは約1メートルだった。

Rating 3.00 out of 5

駅のホームで強制性交 社会は痴漢と向き合ってきたか

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

大阪メトロ御堂筋線中津駅のホームの壁に貼られたメモ。事件への悲しみや社会への憤りがつづられていた=2020年2月初旬、読者提供

1年前、大阪メトロ御堂筋線中津駅(大阪市北区)のホームで、女性への強制性交事件が起きた。電車内の痴漢行為がエスカレートした犯行とされる。1日に120万人が利用するこの路線では約30年前、痴漢を注意した女性が逆恨みされてレイプされる通称「御堂筋事件」があり、女性たちが対策強化を求める声を上げ続けていた。痴漢という犯罪に日本社会は真剣に向き合ってきたのだろうか。

 事件は今年1月末、大阪府警が公表して明らかになった。4月の一審・大阪地裁判決などによると、長谷川仁被告(42)は昨年6月23日午後3時ごろ、面識のない女性(当時18)に対し、電車内で背後から痴漢行為に及び、中津駅で降車後にホーム上で体を押さえつけて口腔(こうくう)性交を強いたとされる。判決では、ほかにも昨年5~7月、大阪市内の電車内などで当時17~22歳の女性4人に強制わいせつや痴漢行為を繰り返したと認定し、強制性交罪などで懲役8年(求刑同9年)を言い渡した。被告は判決を不服として控訴した。

悲しみ、憤りつづったメモ、一晩ではがされた

Rating 3.00 out of 5

「舌ブラシ」が品薄に 新型コロナで衛生意識アップ?

martedì, Giugno 23rd, 2020

 舌ブラシをはじめとした「舌クリーナー」の需要が急増している。口臭や病気の予防に使われるが、新型コロナウイルスの感染拡大で衛生意識が高まり、細菌を抑える機能に注目が集まっていることが背景だ。

写真・図版

拡大するSHIKIENの舌クリーナー「W-1」=同社提供

 舌クリーナーで国内トップシェアを持つというSHIKIEN(シキエン)(新潟市)は、2月と3月の売上本数が前年同月の5倍に跳ね上がった。

Rating 3.00 out of 5

二階氏「ダーウィンも喜んでいる」 進化論の誤用問われ

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

政府与党協議会に臨む自民党の二階俊博幹事長=2020年6月16日正午、国会内、岩下毅撮影

自民党広報のツイッターアカウントが、ダーウィンの進化論を誤用した言い回しを使って憲法改正の必要性を訴えたことへの批判が出ていることについて、自民党二階俊博幹事長は23日の記者会見で「何を言っても、そういうご意見が出るところが民主主義の世の中であって、この国の良さだ。おおらかに受け止めていったらいいんじゃないか」と語り、党側のツイートを問題視しない考えを示した。

 進化論を改憲論議に絡めたことを肯定的に受け止めるのかとの問いには直接答えず、「ダーウィンも喜んでいるだろう」とも述べた。

Rating 3.00 out of 5

コロナ禍でも訪れる沖縄・平和の礎 次世代に伝えるため

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

大阪府出身の戦没者として「平和の礎」に刻まれた父の名前に手を合わせる男性=2020年6月19日午前11時37分、沖縄県糸満市の県平和祈念公園、藤原慎一撮影

 沖縄戦から75年。コロナ禍の今年は、県内各地の追悼式や慰霊祭は規模縮小や中止を余儀なくされた。人との接触を避けなければならない中で、家族や友人をどのように悼むのか。毎年慰霊の日の23日朝に取材をしてきた「平和の礎(いしじ)」にこの1週間、記者たちが通い、訪れる人たちの姿を見つめた。

 黒い御影石が波打つように広がる。沖縄本島南端に立つ「平和の礎」には、県出身者や日米両軍の兵士ら24万余の名前が刻まれている。

 1週間前、16日昼過ぎ。強い日差しが降り注ぐなか、マスク姿の人が杖を手に歩いていた。上地徳於(とくお)さん(86)。今年新たに刻銘された30人のなかに父がいる。「上地戸那(とな)」。名前を見つけると、たしかめるように何度もなぞった。

 戸那さんは宮古島市で農業を営んでいた。イモ、大豆、サトウキビ。なんでもつくれる自慢の父は1944年、日本軍の飛行場建設に従事中、デング熱に感染し死亡した。49歳だった。

Rating 3.00 out of 5

母はあなたを殺さずに… 慰霊の日、高校生が詠む沖縄戦

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

高良朱香音さん=2020年6月19日午後、那覇市の首里高校、国吉美香撮影

沖縄は23日、沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」を迎えた。糸満市摩文仁(まぶに)の県平和祈念公園では正午前から、コロナ禍により規模を縮小し、沖縄全戦没者追悼式が開かれる。式で読み上げられる「平和の詩」。戦後75年の今年、県内の小中高校生ら計1119作品から選ばれたのは、沖縄県立首里高校3年の高良(たから)朱香音(あかね)さん(17)の詩「あなたがあの時」だ。

 〈「懐中電灯を消してください」/一つ、また一つ光が消えていく〉

 詩は、2年前に平和学習で経験した、壕(ごう)の中での情景から始まる。

 〈真っ暗になったその場所は/まだ昼間だというのに/あまりにも暗い/少し湿った空気を感じながら/私はあの時を想像する〉

Rating 3.00 out of 5

39歳、コロナ失業で餓死しかけた 高い行政支援の壁

martedì, Giugno 23rd, 2020
写真・図版

生活保護受給決定の通知を見つめる男性=2020年6月11日午前11時3分、茨城県、伊藤良渓撮影

「悪いけど、きょうで辞めてくれないか」

 製菓工場で梱包(こんぽう)の仕事をする茨城県内に住む男性(39)は3月中旬、上司から解雇を告げられた。新型コロナウイルスの影響で会社が打撃を受けていた。時給850円の非正規職で2月に転職したばかり。貯金はゼロ。途方に暮れた。

Rating 3.00 out of 5
Marquee Powered By Know How Media.